主婦・専業主婦がカードローン利用をするときの注意点はコレ!

お金が足らないとき、どうしても借りたいという気持ちが先行してしまいがち。
確かにカードローンに申し込んでも、借りられなければ意味がありません。

しかしカードローンは、借りることがゴールではなりません。
カードローンを借りることができて、きちんと返していけるために注意すべき点をまとめました。

事前にチェック!申し込み前の注意点と確認しておくべきこと

申し込み資格があるカードローンに申し込む

まず、借りるために重要なのは申し込み資格があるカードローンに申込むこと。
銀行カードローンと消費者金融で、申し込み資格に違いがあります。

銀行カードローン:収入がある人・専業主婦は配偶者に毎月安定収入のある人
消費者金融:本人に収入がある人のみ

銀行カードローンと消費者金融

専業主婦は消費者金融に申し込み資格がありませんので、申し込んでも審査が通りません。
また、銀行カードローンであっても、専業主婦が借りられる銀行と借りられない銀行があります。

消費者金融は、総量規制というお金の貸し付けを規制する法律により、申込者自身に毎月安定した収入がある人しか申し込みを受け付けていません。

安定収入とは、年間を通して給料に大きな上下がないこと。
給料の多い・少ないは安定収入に関係ないため、パート・アルバイトなどで毎月数万円しか収入がなくても、毎月同じくらいもらえていれば安定収入です。

銀行カードローンも基本は消費者金融と同じですが、専業主婦のみ配偶者(旦那)に安定収入があればOKの場合も。
その理由は、銀行カードローンは総量規制の対象ではないから。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法の範囲で営業しています。
総量規制は貸金業法で定められた法律。

銀行は総量規制の対象外となるため、総量規制は関係ありません。
銀行カードローンが総量規制対象外のカードローンと呼ばれるのは、これが理由です。
どんな人に貸すかは各銀行が決めています。

・収入がある人は銀行カードローンでも消費者金融でもOK、専業主婦は銀行カードローンのみ申し込み可能

 

安心できるカードローンかどうか

銀行といっても都市銀行・ネット銀行・地方銀行・信用金庫など、規模も様々。
消費者金融にもCMや電車の吊り広告でよく見る大手と、規模はそこそこ・地域密着型で規模が小さい中小消費者金融もあります。

消費者金融の中にはヤミ金(闇金融)と呼ばれる違法融資を行っているところもあり、知名度の高いローン会社以外はきちんとした会社かどうか、見分けがつきにくいことも。
聞いたことのある名前のカードローンに申し込みましょう。

『審査なし』『ブラックの方OK』などのうたい文句のローン会社は闇金の可能性も。
申込みは避けてください。

カードローン会社を選ぶ基準として、大手を選ぶことが重要です。
知名度の高いローン会社はWEB完結で申込みができたり、問い合わせの対応などサービスも充実している傾向にあります。

銀行は都市銀行・ネット銀行なら全国から申し込み可能ですが、地方銀行は住居や勤務先が営業範囲でなければ申し込みNGの場合もあります。

・消費者金融は、知名度があり利用者数も多い大手カードローンなら安心して借りられる
・銀行カードローンは都市銀行・ネット銀行がおすすめ

 

返済額をチェックする

ほとんどのカードローンでは、毎月の返済額は借入残高によって決まります。
金額はカードローンによって様々。
カードローン会社によって、最低返済額が違います。
例えば借入残高(借入金額)が10万円以下は2,000円、20万円以下は4,000円など、借入金額に対して最低返済額が決まっており、最低返済額の設定が細かく決まっているカードローンもあれば、100万円以下なら月々の返済が1万円というところもあります。

同じ10万円を借りても毎月の返済額が2,000円と1万円とでは、負担にかなりの差が。

返済シミュレーションを利用して、希望の借入金額を借りたらいくら返済しないといけないか、事前のチェックも必要です。
返済期間や毎月の返済額を定めて、返済計画をたてることができます。

返済期間

完済するまでの期間を決めて、その期間内で完済するには毎月いくらの返済額を支払えばいいかを調べることができます。

返済額

毎月返せる返済額を決めて、完済するまでにかかる期間を調べられます。
収入や返済能力に対して自分が払う約定返済額のバランスを考え、その状況がいつまで続くのかをチェックしておきましょう。

金利はどのくらい?上限金利をチェック


金利は、利息が決まる重要なもの。
金利が低いほど、利息が少なくなり負担は減ります。

実質年率と表記されているのが返済中にかかる金利です。
金利は4.5%~18.0%というように幅をもって表記されています。

金利は審査によって決まった借入限度額によってかわります。
限度額が少ない場合は高い金利(数字の大きい方、上限金利)で、限度額が多い場合は低い金利(数字の小さいほう、下限金利)で借りることができます。

会社員に比べて収入の少ないパート主婦や専業主婦では、初めての利用時は借入限度額10~30万円が多く、初回契約から50万円以上の限度額設定はほぼないと考えられるます。
少ない利用限度額の場合は、幅のある実質金利の中で高い金利が適用されます。

カードローン会社選びで金利を比べる時は、上限金利を比べましょう

いざ!申し込み時に気をつけること

申込み入力項目に嘘をかかない

カードローンの審査時に、入力項目と信用情報機関に保管されている個人信用情報を照らし合わせ(照会)します。
借入件数や借入金額を少なめに申告するなどはNGです。
年収や勤務情報などの申告に虚偽があるのも絶対だめ。

年収は多い方が良く、他社借り入れ額は少ない方が良いまたは無い方がもっと良いと考え、審査通過のために嘘をつく人がいます。
しかし、そんな嘘は調べればすぐにわかってしまいます。

カードローン会社は申し込み者の申告をそのまま鵜呑みにするわけではなく、内容について必ず調査してから審査回答します。

個人信用情報機関での情報照会や、民間情報機関を利用して勤務先の情報収集を行うなど、個人情報や信用力をチェックする手段はいろいろあります。
もし一つでも虚偽の申告があれば信用できない人物と判断されて審査落ちしてしまい、借り入れできません。
内容確認のために審査に時間がかかる可能性も。

嘘をつくつもりではなくても、記入を間違えたり書類に不備がある場合にそれが嘘ではなく間違いだと証明することは難しいもの。
記入に不備が無いようにしなければなりません。
少しの不備だから大丈夫なんていうことはありません。

申し込みは一番初めにカードローン会社と接触するものであり、不備があるとだらしないとかどこか抜けていてこの人は大丈夫か?という印象を与えてしまいます。

間違いや不備のないように、見直しも必要です。

ついてしまいがちなウソ

年収
年収は多ければいいと思いがちですが、ウソをついてまで多くする必要はありません。
収入証明書類の提出が必要になればすぐにわかってしまいます。
年収が少なくても、ウソをつくよりは何倍もマシです。

他社借入
他の金融会社からの借入を偽っても、審査中の信用調査で必ずバレます。
他社借入の金額や件数を少なく申告する意味は全くなく、逆に嘘をついたことで心象が悪くなります。

勤務先
実は無職だったり、勤務先に在籍確認の電話をされたくなかったりするめに嘘をついてもすぐにバレます。
嘘の勤務先では収入証明の提出できませんし、また在籍確認が取れなければ審査にも通りません。

専業主婦の在籍確認を自宅へ本人宛に連絡してくれるところもありますが、それは申し込み者本人が申込書の連絡先に実在することを確認しているのです。

勤務先を記入した場合、在籍確認は勤務先にかかってきます。
その確認が取れない場合は審査が完了することはありません。

check_link主婦のカードローンの在籍確認はどこにかかってくる?

希望限度額・借入額はできるだけ最少に

お金は大きな金額を貸すよりも、少額の方が貸しやすいもの。
カードローンにも同じことがいえます。

審査に通過するためにも、多めに借りることなく、まずは必要な金額だけを希望してください。

実際の借入れも、多く借りればその分完済までに長くかかります。
借りる金額も最少額に抑えましょう。

不安だからという理由で、どうせ借りるのならと多めに借りてしまうと、その借入額の分だけ利息が発生してしまいます。
借金は必要最小限だけにして、できるだけ早く完済することが上手に利用するコツです。

何社も同時期に申し込まない


とにかく借りたいからといって、同時に複数のカードローン会社に申し込み審査を出すのはNG。
複数のカードローンに同時期に申し込んでいることだけで必ず審査に落ちるとは言い切れませんが、全く影響がないとはいえません。

カードローンに申し込みをすると信用情報の照会履歴が残ります。

これは審査に通っても落ちても同じです。

それが短期間に何度も照会履歴が記録されていると、かなりお金に困っていると判断されることも。
まずは一番借りたいカードローンを決めて、1社だけ申込んでみることから始めましょう。

必要書類はOK?

主婦でも借りられるキャッシングでは、必要書類に差があります。
銀行カードローンと消費者金融では必要な書類が違うためです。

他の会社では不要と書いていたのだからこっちの会社でも提出不要と決めつけず、きちんとその会社の提示している申し込み条件に目を通すことが大切です。

大手消費者金融に申込したい場合は、収入証明書や同意書を配偶者に書いてもらう必要があるのかは申し込みの前にきちんと確認しておく必要があります。

銀行カードローンではほとんどの場合、収入証明書、同意書も不要です。

本人確認書類として免許証や保険証だけで借りられますが、自分の用意した書類が本人確認書類として認められているのかまで確認しておきましょう。

身分証明書が免許証以外使えないのに保険証を用意していた!となると用意できない場合は借りられなくなってしまったり、用意できるとしても新たに準備する時間が必要になります。

収入証明の提出や必要書類については、こちらのページでも詳しく紹介しています。
check_linkカードローン申込みの必要書類まとめ

ちゃんと返していくために!返済の注意点

返済日に注意

カードローンの返済日は『カードローン会社指定』『申込者が自由に選べる』『カードローン会社指定の中から選択する』『35日毎』などがあります。
『カードローン会社指定』は返済日が決められているため変更することはできません。
指定の返済日が給料日前だと、返済もきつくなります

返済日も要確認です。

口座引き落とし(口座振替)での返済は通帳管理に注意

返済が口座引き落としの場合、引き落としの内容が印字されます。

借入を内緒にしておくなら、通帳管理はしっかりと。
うっかり置きっぱなしで見られてしまうことも。
通帳なしタイプの口座でのインターネットバンキングなら、置き忘れてしまうこともありません。

カードローン口座引き落とし時の通帳の印字に関しては詳しくはこちらで紹介しています。

check_link【カードローンの返済方法】種類別の特徴とメリット・デメリット

返済の遅れ・滞納に注意

返済日を1日でも過ぎると、電話がかかってくることもあります。
連絡が取れなかったり、何日も返済されない場合は、督促のハガキが届くこともあります。
利用明細は郵送されなくても、督促の郵便物で利用がバレてしまう可能性も。

滞納すると遅れた日数だけ遅延損害金がかかり、支払う金額が多くなってしまいます。
個人の信用情報にも1日遅れた場合、ブラック(異動情報)にはなりませんが1日遅れたという情報が記載されます。

多少遅れても返せばいいと軽く考えず、返済日は必ず守りましょう。

こんなときどうする?

審査の連絡が来ない

まずは申込んだカードローンの公式ページから審査状況を確認しましょう。
レイクALSAやSMBCモビットでは、申込時の情報を入力することで、審査状況を確認することができます。

連絡が来ない時点では、審査に落ちたとは限りません。
審査に時間がかかる場合があります。

  • 審査が混み合っている(申込者が多くいる)
  • 借入希望額が大きい
  • 在籍確認で時間がかかっている(土日祝日など)
  • 連絡先が間違っている

申込時の情報で連絡先を間違っている場合は、結果の連絡を受け取ることができません。
なかなか審査の結果連絡が来ない場合は、問い合わせてみましょう。

急いで借りたい時に電話連絡を入れるカードローンがある

急いでいることを申込後に電話連絡することで、優先して審査してくれるカードローンがあります。
SMBCモビットやアイフルでは、急いでいる場合の連絡窓口があります。

急ぎで借りたいという連絡を受け付けているカードローンの場合、電話をしないと急いでいる連絡をした人を優先してしまうため、審査スピードを上げてもうらうように必ず電話しましょう。

申込時に間違えて申請してしまったことがわかったら…


連絡先を間違えてしまっていたら、すぐに連絡しましょう。
また、申込内容で間違えてしまったことがわかったら、わかった時点でコールセンターに電話する必要があります。

間違えた申し込み内容にもよりますが、訂正してもらった上で審査を受けられる可能性があります。
すでに審査が終えていた場合でも、まずはコールセンターに問い合わせてみるのが吉。

カードローン会社や審査の進み具合によっては訂正してもらえないかもしれませんが、聞いてみることをおすすめします。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ