主婦・専業主婦のカードローンの在籍確認はどこにかかってくる?

在籍確認はカードローン申し込み者への本人確認

在籍確認は申込者本人が確かに申込んでいるのかを確認するもの。
他人になりすましての申込や、すでに退職している会社を勤務先として申告していないかを確かめる役割があります。

カードローンの在席確認の役割

在籍確認は審査に必要な条件の1つとされており、基本的には申込者から断ることはできません

カードローン会社が確認したいことは、本人であるかどうかだけ。
役割と連絡内容を理解していれば、不安に思うことはありません。

カードローン会社の中には、申込時に一定の条件が満たせる方のみ、在籍確認の連絡を免除しているところもあります。

下記の記事では在籍確認なしのカードローンも紹介しています。
check_link在籍確認なしで借りられるカードローンはコチラ

カードローンの在籍確認はいつ?どこにかかってくるの?

在籍確認は仮審査の時に行われます。

申込みをしてから比較的早い時間、ローン会社の審査受付時間外でなければ、概ね1時間以内に連絡があります。

専業主婦の場合

カードローンの在席確認のタイミング

勤め先がないため本人確認のみ

仕事をしておらず収入のない専業主婦は勤務先がないため、連絡は登録した固定電話(自宅の電話)や携帯電話の番号にかかってきます。

申込フォームに固定電話を書いていても、携帯電話にかかってくるのが一般的です。
ただし、必ず携帯電話にかけてきてくれるとは限りません。

心配な場合は、この場合もカードローン会社に連絡して、必ず携帯電話に連絡が欲しいと伝えて下さい。

もし連絡を避けてほしい時間がある場合や、時間を指定したいという場合などは、金融機関に事前に連絡を入れると、できるだけ希望に沿った時間に電話をしてもらえます

その際は、WEB申込みなどが完了した後、ローン会社のお問い合わせ窓口に連絡を入れ、『先ほど申し込んだのですが、事情(連絡を受けられない理由を説明)があるため、在籍確認の連絡を○時以降にお願いできますか』と伝えましょう。

旦那の会社へ確認の連絡はない

世帯収入が旦那の給与しかなく、自分に収入のない専業主婦の申込みでも、一般的には配偶者に電話連絡がされることはありません

カードローンの在席確認は申込者本人のみ

ローン利用者はお金を借りることを知られたくはないのが当然。
その点はどの金融機関でも理解しています。

本人確認のための在籍確認ですので、本人以外への連絡はありません

例外!旦那の会社へ確認があるカードローン

ジャパンネット銀行カードローンのネットキャッシングは総量規制対象外の専業主婦でも借りられる銀行カードローンですが、公式ホームページには専業主婦のキャッシング申込みには配偶者の同意が必要との記載があります。

専業主婦の方のお申し込みは、配偶者さまの勤務先にお勤めの確認のため、お電話をいたします。事前に配偶者さまにもご了解くださいますようお願いいたします。

(引用:契約の流れ(口座がある方)|ネットキャッシング|ジャパンネット銀行)

銀行側からいえば、配偶者の同意書は不要ではあるが、確認は取りたいという事です。

専業主婦でも融資OKとうたっているにもかかわらず、夫の職場に連絡する金融会社はありません。
ジャパンネット銀行は例外です。

多くの銀行カードローンでは旦那の会社へ連絡するなどの在籍確認不要なのが一般的です。

収入のある主婦の場合

働いていて収入のある主婦の場合、銀行・消費者金融ともに、職場へ在籍確認があります
会社員・契約社員やアルバイト・パートは勤務先に、派遣社員は派遣元に連絡が入ります

申込み時の入力では、派遣社員の場合、派遣元を記入するように注意書きがあります。
派遣元への電話連絡で確認がとれるか不安な場合などは、申込み後に連絡することで在籍確認先を派遣元と派遣先どちらか選ぶことができます。

カードローンの在籍確認、専業主婦のよくある質問

Q質問カードローン会社を名乗ってかけてきますか?

A回答銀行カードローン・消費者金融・クレジットカード会社であっても、在籍確認の電話で社名を名乗ることはありません。

在籍確認 内容
銀行カードローンでは銀行名を、消費者金融やクレジットカード会社は個人名を名乗ります。
申込み先の銀行や消費者金融とは別の他の会社名を名乗ってもらうことはできません。

『吉田(個人名)or○○銀行と申しますが、○○○様はいらっしゃいますでしょうか?』などというように、銀行名のみ、あるいは連絡をしている担当者個人の苗字を名乗るので、ローンの在籍確認であるとはわからないようになっています。

そして、間違いなく本人であることを確認したうえで、『○○○(銀行名や消費者金融名)の吉田です』と伝えます。
ローン会社からは、本人以外に借入の申込がバレないような配慮がなされています。

本人確認や審査の進行上やむを得ず連絡する必要がある際に、携帯電話にかかってくることも。
その場合もまずは銀行名か個人名を名乗り、電話に出たことが本人であると確認が取れてから内容を確認されます。


Q質問何を聞かれますか?

A回答主に氏名と生年月日ですが、特になにも聞かれないカードローン会社もあります。

本人と確認できればOKなので、根掘り葉掘り、色々聞かれることはありませんので、身構える必要はありません。

ただし、審査上不明な点があるなどの場合は申込み内容について聞かれることもあります。
在籍確認としては、契約内容などについて質問されることは少ないようです。


Q質問もし在籍確認の電話に出られなかったら?

A回答本人が電話に出れなくても大丈夫です。

電話を受けたのが申込者本人であることを確認ができると、初めてカードローン会社の者であると伝えられます。
そのため、例え家族が連絡を受けたとしても、本人でなければかけ直すと言い電話を切ります。

公にはされていませんが、

  • 連絡のコールが確認できたらOK(つながらなくてもOK)」
  • 家族が「出かけていて不在です」と答えただけでOK

この様に本人が電話に出なくても、確認さえ取れれば確認できたものとするという場合もあります。

上記の対応でOKかどうかはローン会社によるので、必ずとは言えませんが、「在籍確認がなかった」と思っていても、実際はどこかのタイミングで連絡があった可能性があります。


Q質問職場に電話がかかってくるだけで怪しまれそう…

A回答クレジットカードを申し込んだことにする人もいます

クレジットカードは持っていても怪しまれることはなく、申込みには本人確認の連絡があるのはよく知られています。
『クレジットカードに申し込んだので、確認の電話が来ます』と、あらかじめ職場に伝えておけば、怪しまれることはありません。

在籍確認なしで借りられるカードローンもある

銀行で在籍確認がないケースとは

在籍確認なしになるケース

専業主婦が銀行カードローンで借入する場合、申込み銀行の口座を持っていると電話連絡がないケースがあります

口座開設の際に本人確認が済んでいるので、再度確認する必要がないということです。

大手消費者金融では書類提出でOKの場合も

原則では電話確認となっているものの、大手消費者金融には書類提出のみで確認をすすめてくれる会社もあります

ただし、書類提出のみにしてもらうためには、信用情報が良好なことや希望額が低いことなどの条件があるとされています。

確認のために必要な書類は、給与明細書・源泉徴収票・健康保険証・社員証など、在籍を客観的に証明できるものです。

書類での代替確認のメリットとしては、職場にバレる心配がなくなること。
また、営業時間外や土日祝などの職場の休日でも在籍確認が可能になるので、急ぎで申し込みたいときにも役立ちます。

職場で電話に出られない時は

職場の休業日や営業時間外など、物理的に電話確認が不可能な場合もあります。
そんな時は、電話連絡可能な日時に在籍確認が行われることになるため、審査の結果が出るまでに少し時間がかかってしまいます。

他にも、私用電話がかかってくること自体が怪しまれる会社もなど、職場の状況的に電話連絡が不可能な場合があります。

もしも在籍確認の連絡を受けられない場合は、一定の条件を満たせば在籍確認なしのカードローンを選んでください。
提出書類が少し多くなりますが、必須の在籍確認の連絡なしで借りらえるのは、それ以上のメリットがあります!

電話確認なしで借りられるカードローンはコチラ

大手消費者金融の中から、職場に電話連絡なしで借りられるカードローンだけを紹介します。

電話連絡なしで借りるための条件も記載していますので、まずは条件を満たせるかどうかを確認してから申込むようにしてください。

アイフル(sulali) 

アイフル SuLaLi(スラリ)は『スマホで自撮りした写真』と運転免許証やパスポート・マイナンバーカード・住基カードなど、『顔写真がある身分証明書』を本人確認書類とすることで、在籍確認の電話連絡をなしで借りられます!
本人確認書類はどこのカードローン会社でも必要です。
自撮り写真を追加するだけで、在籍確認なしになるので、電話連絡を避けたい方にはピッタリ。
他社で借り入れがある方はNGなので、初めてカードローンで借りる方におすすめします。

▼アイフルの女性専用ローンで安心!▼

お申し込みはこちら

実質年率 融資額 10万円借入時の返済額
SuLaLi:18.0% SuLaLi:10万円まで 4,000円(毎月払い)


SMBCモビット 
モビット

SMBCモビットはweb完結なら電話連絡なしでOK!
2つの条件を満たしていることも重要です。
①『三井住友銀行』『三菱UFJ銀行』『ゆうちょ』の口座を持っている、
②『運転免許証』『2ヶ月分の給料明細』『健康保険証(社会保険証)』のコピーが提出できる

全ての手続きがメールのみ、郵送物も一切なしで、口座振り込みで借りられます。

借入を内緒にしたいという方にもおすすめです!

▼web完結で電話連絡なし!▼

お申し込みはこちら

実質年率 融資額 10万円借入時の返済額
3.0~18.0% 1万~800万円 4,000円

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ