カードローン申込み・借入で気になる【総量規制対象外】とは?

総量規制対象外とは、個人に対する融資について定められた『総量規制』という制度に当てはまらない条件のこと。

総量規制は2010年6月18日に定められた、消費者金融・信販会社・クレジットカード会社の貸金業者に向けの制度です。
個人にお金を融資する場合、借入総額が原則本人の年収の3分の1を超えてはいけない、違反したばあいは行政処分の対象とすることが明記されています。

  • 消費者金融・信販会社・クレジットカード会社は貸金業法を守り営業 ⇒ 総量規制
  • 銀行カードローンは銀行法を守り営業 ⇒ 総量規制対象外

総量規制対象外のカードローンと言えば、銀行運営のカードローンを指すようになりました。

大手カードローンを総量規制・総量規制対象外で分けるとこの様になります。

総量規制対象外カードローン総量規制対象カードローン
オリックス銀行カードローンアコム
みずほ銀行カードローンアイフル
新生銀行カードローンレイクプロミス
三井住友銀行カードローンSMBCモビット
三菱東京UFJ銀行バンクイック
楽天銀行スーパーローン
イオン銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
セブン銀行カードローン

(※新生銀行レイクカードローンは2018年3月いっぱいを目処に新規申込停止となります(3月26日記載))

総量規制の『除外』と『例外』については、こちらのページで詳しく紹介しています。
check_link【総量規制とは】主婦必読!お金の借入ルール→年収と借入総額

銀行カードローンと消費者金融の違いついては、こちらのページで詳しく紹介しています。
check_link銀行カードローンと消費者金融の違いとは?

総量規制は個人の貸付かどうかが基本となるため、事業資金を貸し付ける事業者ローン(ビジネスローン)は総量規制対象外となります。
消費者金融業者の事業者ローンでも、総量規制対象外です。

クレジットカードは総量規制?総量規制対象外?

クレジットカードの場合、買い物の代金を後払いする『ショッピング枠』と、キャッシング(現金を借りる)『キャッシング枠』の2つの使い方があります。

総量規制は『個人の融資』に関する制度であるため、キャッシング枠は総量規制対象ショッピング枠は総量規制対象外となります。

専業主婦の場合、配偶者(旦那)の収入があるので、クレジットカードを持つことはできますが、『ショッピング枠』のみとなり、『キャッシング枠』をつけることはできません。

例外的に、専業主婦でもクレジットカードのキャッシング枠を利用する制度もあります。
この後の、専業主婦の借入で合わせて説明します。

専業主婦の借入

総量規制対象の消費者金融・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社で借りる場合、最高でも年収の1/3までしか借りられません。
年収の1/3までというのは『年収がある』前提の話。

無職の専業主婦は年収なしのため、消費者金融・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社に申込資格がありません

総量規制対象外である銀行カードローンは、『配偶者(旦那)に毎月安定下収入があること』を条件に、専業主婦の申し込みを受け付けています。
これは、専業主婦自身に収入がなくても旦那の収入で返済できるから。
専業主婦が借りられるのは、銀行カードローンのみということになります。

ただし、『配偶者貸付』という総量規制の中の制度を利用すれば、専業主婦でも消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることが可能です。

配偶者貸付についてはついては、こちらのページで詳しく紹介しています。
check_link配偶者貸付とは?- 総量規制の例外

同じ無職で収入0円でも、未婚の人はたとえ総量規制対象外の銀行カードローンといえど借りることはできません。
返済の原資がないからです。

総量規制の『除外』と『例外』

配偶者貸付の様に、総量規制の中には『除外』と『例外』があります。
一定の条件を満たせれば、年収の1/3を上回る借入(一部、融資金額の上限あり)が可能というものです。

この『除外』と『例外』は総量規制対象外ではなく、総量規制の中の除外と例外になります。

総量規制の『除外』と『例外』については、こちらのページで詳しく紹介しています。
check_link【総量規制とは】主婦必読!お金の借入ルール→年収と借入総額

総量規制対象外の銀行カードローンの個人向け融資の問題点

借入限度額に年収の1/3の縛りがない・専業主婦でも借りられる(配偶者に安定収入があることが前提)など、メリットがクローズアップされやすい銀行カードローンですが、問題も取り上げられています。

総量規制対象外の銀行カードローンは、申込条件が限られてしまう消費者金融にくらべて申込みしやすいことから過去数年にわたって急激に利用者を増やしました。

銀行カードローンは専業主婦の借入れや即日融資可能なところも多く、消費者金融で借りられない専業主婦や急ぎでお金が必要な人など、主婦層をはじめ幅広い人気を集めたことも理由の一つです。

銀行側も、メリットをCMやホームページで積極的にアピールしていました。

しかし近年では過剰融資が問題視されていました。
銀行が貸し出しに積極的だったため、返済不能に陥る利用者が増えるなどのトラブルが急増してしまったためです。

さらに2017年3月28日の参議院決算委員会にて、銀行カードローンの安易な個人融資が問題視されました。
国会でも取り上げられたことにより、金融庁も銀行への監視を強化することになりました。

銀行がカードローンの自主規制を始める

平成29年3月16日に銀行の消費者向け(個人向け)の融資において過剰な貸し付けが増えない様に、銀行取引の保護や適性な運営・借りる側である消費者を守る役割を担っている一般社団法人全国銀行協会(全銀協とも呼ばれます)が、各銀行へ以下の自主規制を求めました

要約すると、下記になります。

  • 総量規制対象外であることのアピールを控える
  • 高額借入でも年収証明書不要のアピールを控える
  • カードローン申込時に申込者の信用情報にて返済能力をしっかり確認する
  • 保証会社と連携を取り、年収の1/3までなどの規制がなくても、年収に対する借入率を考慮して審査する
  • 契約後、信用情報の変化の確認も努めるようにする

参考:銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ

総量規制対象外の銀行カードローンは『借りやすい』というイメージの払拭や、慎重な審査を求めるものとなっています。
銀行側も審査の厳正化に乗り出しており、自主規制も始まってます。

現在はあくまでも『努力義務』の範囲であるため、規制にまでは至っていません。
他の銀行の動向を様子見している銀行もあるようです。

総量規制対象外の銀行カードローンの自主規制の影響

銀行カードローンは専業主婦も借りられるので借りやすい・収入証明書は高額借り入れ時のみ提出すればいいなど、総量規制対象外ならではのメリットがありました。(勿論デメリットもあります。)

そのメリット・デメリットが、自主規制によりそう変わったのかを説明します。

総量規制対象外の銀行カードローンのメリットの変化

自主規制後 メリット変化

収入がない専業主婦の借入

総量規制と同じく専業主婦をはじめ年収ゼロの人には貸付を行わない銀行カードローンが増えています。

ただしすべての銀行でこうした措置がとられているわけではなく、一部の地方銀行やネット銀行では配偶者に安定収入があれば専業主婦でも借りられるカードローンを提供しています。

専業主婦の借入は厳しくなっているといえます。

おまとめローン・借り換えローンの借入

複数の借入を1本化するおまとめローン・金利の低いローンに切り替える乗り換えローンで借りられる金額も下がっているといわれています。

銀行カードローンの融資額は総量規制対象外の為、各銀行が独自に返済能力を審査し決定していました。
総量規制対象外カードローンの融資額を規制する法律はないため、正式に発表しているわけではありませんが、自主規制により、融資額を総量規制にならい『年収の1/3』程度に引き下げられているといわれています。

収入証明書の提出

消費者金融では、収入証明書は決められた金額(希望限度額が50万円以上、または今回の借入+すでに借りている金額の合計100万円以上)を超えた場合に提出が必要です。
これは総量規制で決められています。

一方で自主規制前の総量規制対象外の銀行カードローンは300万円以上などの高額借入希望時のみ。
50万円以上のキャッシングでも、提出は本人確認書類のみという銀行カードローンがほとんどでした。

それが総量規制対象外の銀行カードローンも、希望限度額が50万円以上の場合から要提出になりました。

総量規制対象外の銀行カードローンのデメリットの変化

自主規制後 デメリット変化

カードローン審査・即日融資

自主規制後、さらに厳格化しました。
銀行カードローンの審査は銀行と保証会社の2社で行っているとされてきましたが、実際は保証会社が行う審査のみでした。
それが銀行もしっかりとした審査に乗り出しました。

加えて、反社会的勢力に融資を粉うことがない様に、銀行が警察庁との連携もはかるようになったことが挙げられます。
これにより審査時間も長くなり、即日融資は不可能になりました。

即日融資については、こちらのページで詳しく紹介しています。
check_link【今日借りたい!】主婦・専業主婦でも借りられる即日融資の条件とは

無人契約機

銀行カードローンが即日融資に対応できなくたったため、即日融資のために無人契約機を利用することはできなくなりました
ローンカードを即日発行するために無人契約機を利用というメリットがなくなりました。
申込当日に無人契約機で契約まで済ませることもできなくなりました。

総量規制対象外の銀行カードローンのこれまでと変わりない点

金利

金利面においては自主規制による変化は見られず、以前と同様に低い金利水準を維持しています。

銀行カードローンが消費者金融に比べ、金利が低いことは変わりません。

総量規制対象外のまとめ

総量規制対象外とは、簡単に言えば総量規制に当てはまらない銀行カードローンのことを指し、専業主婦でも借りられるカードローンとして、利用者を伸ばしてきました。

しかし今では、『銀行カードローン=専業主婦でも借りられるカードローン』とは言えなくなりつつあります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ