カードローンの利用明細→記載項目と郵送を断るメリット

郵便受け
カードローンの利用後、借入残高や次回の返済日、返済金額は毎回確認しておくべきこと。
それでも、借入や返済のたびに利用明細が自宅に送付されてしまうのは困るという人も多くいます。

主婦や専業主婦のなかには特に夫や家族に内緒で借りたいという人もおり、自宅にカードローン会社からの郵送物が送られるとバレてしまうのではないかと不安になります。

貸金業法では、カードローンの借り入れ・返済に関する書面の交付が義務づけられています。
しかし消費者金融業者も、キャッシング利用者の多くが家族に秘密にしたいと考えていることを把握しています。
そのため、カードローンの契約書や利用明細をwebで確認できる(電磁交付)ように対応しているカードローンも珍しくありません。

ただし、webで確認できるようにするには、手続きが必要なことも。

web明細にする手続きはネットで

カードローン会社は決められた一定の内容を盛り込んだ利用明細を原則その都度交付しなければなりません。

利用者が利用明細はいらないと申し出てもカードローン会社は受けいれてはくれません。
利用明細の交付は郵送に限らず電磁的交付つまりインターネットでの交付も認められています。

カードローン会社は明細書を郵送されたくないという利用者も多いことを良く把握していますし、郵送料や人件費などのコストもカットできペーパーレスで環境にも良いことからほとんどの会社がwebサービスを行っています。
最近では、スマートフォンの専用アプリで残高なども確認できるようになっています。

簡単に手続き可能

利用明細がEメールで送られたり、会員サイトからダウンロードするタイプなど各カードローン会社によって違いますが手続きも簡単で多くの人が利用しています。

契約時に、明細などの書面の受取方法をwebで受取(確認)できるように登録すると、郵送されることはありません。
すでに契約済みの場合は、会員メニューから登録できることがほとんどです。

ATM利用ではその場明細が発行される

ATMや窓口で借り入れ・返済を行うとその場で利用明細を受け取ることが出来、後日郵送はありません。

提携ATMを利用した場合、決められた一定の内容を盛り込んだ利用明細を発行出来なければ後日正式な利用明細が自宅に送られるので注意が必要です。

明細が自宅に郵送される場合

多くのカードローンで取引明細をweb上で確認できる電子交付を採用しています。
ただし、明細が自宅に郵送されるケースもあるので注意が必要です。

取引後のメールが届かなかった場合

電子交付を希望していても、
明細自体(またはお知らせ)がメールに届かなかった場合

明細が自宅に郵送されることになります。

返済の自動引き落としから最大5日以内にカードで取引した場合(アイフル)

自動引き落としで口座から返済している場合、その引き落としから最大で(長くて)5日以内にカード利用で取引(借入れ)すると、明細が郵送されることがあります。
これは、必ず郵送されるというわけではありません。

自動引き落としの時点で作成された明細内容が変更になるため、変更が生じた場合に郵送されることになります。
不安な場合は、自動引き落としにせずATMでカードを利用して返済するか、引き落とし後は6日以上間をあけて利用しましょう。
利用した場合でも、アイフルに送付があるかどうかや送付しないで欲しい旨を問い合わせてみましょう。

書類送付を希望した場合

書類送付を止めるには、申込時や申し込み後の会員ページでweb交付の登録が必要になります。
その際に、まちがって書類送付を希望してしまうともちろん明細は送られます。

また、アイフルでは、「明細送付を希望しない」場合は振込で融資を受けることができません。
振込融資をした場合に必ず明細が自宅に郵送されるわけではありませんが、メールの不着などで送付しなければいけないケースがあるため、送付を希望しない場合は振込融資の利用ができなくなります。

カードローンの明細の見方


(参照:お借入れ・増額をお考えの方 | お借入れならカードローン・キャッシングのレイクALSA)

利用明細での記載のされ方は、カードローン会社やATMによって表示の項目が違います。
いつもレイクALSAを利用していたとしても、web明細での項目とコンビニのATMでの項目が違うことも。

借入の利用明細で知っておきたい記載項目とその内容


(参照:【アコム公式】ATMご利用明細書(お借入)|カードローン・キャッシングならアコム)
借入時に明細で必ずチェックしておきたいのは、その時点での利用残高と次回の返済額・返済日
返済方式などは毎回変わるものではないので、変更のないことのみが確認できればOKです。

項目説明
取引金額、貸付金額、借入金額今回借りた金額
残高,取引後残高、借入後残高、貸付後残高現在の借入残高(利息は含まない)
利用可能額、借入可能額今回の借入の結果を反映した、現在借入できる金額
次回返済日一番近い返済日
次回返済額次回の最低返済金額

返済時の明細で知っておきたい記載項目とその内容


(参照:【アコム公式】ATMご利用明細書(ご返済)|カードローン・キャッシングならアコム)
返済時に明細で確認しておきたいのは、今回の返済がちゃんとできているかと、返済額が足りているかどうか。
約定返済額と違いがあった場合、特に少なかった場合は、返済したつもりでも延滞になってしまうので明細で確認しておきましょう。

取引金額、返済額、返済金額今回返済した金額
残高、取引後残高、返済後残高現在の借入残高(利息は含まない)
利用可能額、借入可能額今回の返済の結果を反映した、現在借入できる金額
次回返済日一番近い返済日
次回返済額次回の最低返済金額
元金充当額今回の返済額のうち、元金として充てられる金額
利息充当額今回の返済額のうち、利息として充てられる金額
遅延利息充当額、延滞損害金充当額今回の返済額のうち、遅延利息・遅延損害金として充てられる金額
返済後過不足金今回の返済で足りなかった金額、または完済になり多かったために預かりになった金額
最終貸付日、最終借入日最後に借りた日付
最終貸付直後残高、最終借入後残高最後に借りた時の残高

明細以外の書類送付

明細以外にも郵便物がくる場合があります。
カードを郵送してもらう場合や契約書・契約内容の説明書の送付です。

書類送付時、差出人名に金融業者とわかるような表記をしない業者も存在します。
消費者金融ですが、以下は一例です。

  • プロミス→パルセンター
  • アコム→ACサービスセンター
  • SMBCモビット→MCセンター
  • アイフル→AIセンター

上記のような会社名での送付となり、配偶者や家族に気付かれる可能性が一段と低くなります。

また、上記の消費者金融業者は契約内容によっては「郵送物ナシ」という選択肢もあるので、キャッシングを開始する前にホームページや店頭窓口で確認しておきましょう。

銀行カードローンの郵送物は表記がわからないような名前になることはありませんが、カードローン表記はありません。
銀行名の封書で届くことが一般的です。

逆に書類郵送が必須なカードローンもありますので、契約するときには注意が必要です。
例えばイオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」やみずほ銀行の「みずほ銀行カードローン」などは郵送物無しとはいきません。

イオン銀行カードローンBIGでは申込後、審査に落ちたとしても通知はがきが郵送され、審査に通過しても契約書類とカードが郵送されてきます。

みずほ銀行カードローンでは契約時にカードと契約内容を確認する資料が郵送されてきます。

いずれの場合もキャッシングサービス使用時のご自分の状況によって重要視する点も異なってくると思いますので、心配な点は気軽に金融機関に問い合わせてみましょう。

注意が必要な郵便物

明細以外にも郵便物がくる場合があります。
延滞してしまった場合です。
ただし、返済日を過ぎてしまったらすぐに督促状が届くわけではありません。

督促状ではなく、入金が確認できないという通知がくることになります。
初期の遅延の時点であれば、まだこの時点でもカードローン名の記載はないことがほとんどです。
再三の通知をしても入金がないなどの場合に督促状が届きます。

この督促状までいくと、カードローン名が記載されていたり、督促状だということがわかるような状態で発送されることもあります。

遅延をしないことが一番ですが、万が一、返済日に間に合わないようであれば事前に連絡をいれ担当者に相談することが必要です。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ