ブラックの主婦・専業主婦でも借りられるカードローンはある?

ブラックでカードローンは借りられない
新たにカードローンの申し込みをしても、ブラックである事がわかれば審査には通りません

審査基準はローンによって若干違いはありますが、大きく違う事はありません。
異動情報(事故情報)が残っている間は、新たなカードローンは申し込めなくなります

登録期間を過ぎれば、異動情報は信用情報で確認することはできません。
信用情報を取り寄せて、異動情報が消えているかどうか確かめましょう。

金融事故の情報が削除されたとしても、事故を起こした貸金業者では借りられないと思っておいたほうがよいでしょう。

中小消費者金融は大手より審査が緩いことも

中小消費者金融なら大手消費者金融より審査に通りやすいという意見もあります。
たしかに、大手消費者金融では審査に通らず、中小消費者金融では通った人もいます。

借入件数が多め、少し返済遅れがあるなどの場合は、審査通過できる可能性もなきにしもあらずです。

審査をしていないわけではないため、金融事故を起こしている場合は借りられず、ローン会社の審査基準に満たない人ももちろん借りられません。

女性専用カードローンのレディースローンの審査は甘い?

大手の消費者金融では女性専用のカードローンを提供しているところも多く見られますが、女性専用ローンは審査が甘いということは一切ありません

融資条件や審査基準も通常のカードローン同じです。

審査は一般と変わりませんが、女性の目線に立った使い勝手の良さが自慢で、消費者金融が初めてという女性も利用しやすい点から高い人気を呼んでいます。

レディースローンのメリットは審査が甘いことではなく、女性スタッフが問い合わせや質問の相談にのってくれる女性専用ダイヤルなど女性の気持ちを考えた安心感です。

大手で借りられない人でも借りられる闇金に注意

銀行カードローンや消費者金融だけではなく、クレジットカードの申込であっても、お金に関する契約には必ず審査があります

『ブラックOK!』
『必ず融資します!』
『審査なしでキャッシングできます』

このような謳い文句は闇金(ヤミ金融)の可能性があります。

借りたとしても法外な金利で計算された利息を請求されるなど、借りた以上のデメリットで結果さらに追い込まれてしまうことも。

良い条件を提示されても、絶対に手を出してはいけません!
借りられないのには、金融会社側の貸せない理由があるという事を理解しましょう。

ヤミ金については、こちらのページでも詳しく紹介しています。
check_linkこんなうたい文句に要注意!ヤミ金(闇金)の特徴と手口

ブラックの主婦がどうしてもお金が必要になったら

カードローン借りられないけど、どうしてもお金が必要だというケースもあります。

そんな場合の対処法もいくつかあります。

配偶者に相談する

配偶者に相談して協力してもらうことも考えましょう。

給与所得者である配偶者であれば、銀行カードローンでも消費者金融でも申し込み可能です。
ただし配偶者自身のブラック情報があると審査通過できません。

配偶者に借入してもらう場合は、配偶者の意思で借りてもらうこと。
名義貸しでのカードローン利用は禁止されています。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードを持っている人は、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用してお金を借りるという手もあります。

ただしクレジットのキャッシング枠は金利も消費者金融と同じく高めで、限度額も小さく設定されています。

加えて、専業主婦はクレジットカードのキャッシング枠の利用はできません
(クレジットカードのキャッシング枠が総量規制の対象となるため)

専業主婦でもショッピング枠のみのクレジットーカード利用は可能なため、クレジットカードを持っていても、キャッシング枠が付いてないこともあります。

生命保険の契約者貸付で借入する

掛け捨てではない保険に加入していれば、契約者貸付制度を利用して低金利で借り入れできる場合があります。

ただし契約者貸付はきちんと返済しないと保険金が満額受け取れないなどリスクもあるので、注意が必要です。

保険の契約書を用意して、保険会社に問い合わせれば教えてもらえます。

不用品を売る

質屋やリサイクルショップ、フリーマーケットやスマホのフリマアプリを利用して、手持ちの不用品を売って現金に換える方法もあります。

特にスマホで簡単に売り買いできる『メルカリ』や『フリル』などは、主婦の間でも売買が簡単にできると利用者が増えています

毎月5,000円程度のお金になっている主婦もいるので、これまで捨てていた子供服や雑貨などもお金になるかもしれません。

質屋には持ち込んだ商品を即金で買い取ってもらえる(売る)「買取」と、商品価値分のお金を借り商品を預ける「質預り」が利用者で選べます。

「質預り」は3ヶ月間の猶予があり、融資+金利+保管手数料を支払えば商品が取り戻せます。
利息のみだけ支払えば期間は延長可能、返済できない場合は預けている商品は質屋のもの(質流れ)となります。

パート・アルバイトをする

働ける状態になったら数時間でも働き、少額でもいいので毎月自分に給料がある状態が望ましいです。
毎月3万円でも給料があれば、消費者金融に申込め、少額であれば審査にも通りやすくなります

たくさん稼がなくてもいいので、働きに出るのが一番です。

まとめ

ブラックになった理由を考えれば、ブラックの人が借りられるカードローンはないことがわかります。
それでも様々な理由で、どうしてもお金が必要になるときがあるのも事実です。

中小消費者金融にダメ元ぐらいのイメージで申し込んでみるか、現実的な手段として不用品を売るなどがいいでしょう。

自分でブラックだと思っていても、実はブラックが解除されていた(信用情報から消えていた)ということも。
信用情報を開示(取り寄せて)、確認してみましょう。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ