カードローン申込み後にキャンセル(取り消し)できる?履歴は残る?

「急にお金が必要になったので、即日融資可能なカードローンに申込んだけど…」
「ネットバンキングが利用できるから申込んだけど…」

今では面倒な店頭申込や電話でのやり取りもなしで、スマホからWEB完結・口座不要で気軽に申し込めるカードローン会社もあるので、とりあえず申込しておこうという人もいます。

しかし、やはり借りなくてよくなったので、申し込みをキャンセルしたいという場合も絶対にないとは言い切れません。

結論からいえば、カードローンはキャンセル可能です。
それでもキャンセルにはリスクが伴う場合も

キャンセルしたい場合の対応や気になる信用情報について説明します。

カードローンのキャンセルができるタイミング

カードローンの契約前ならキャンセル

何らかの理由でカードローンの申込みをキャンセルをしたくなった場合、申込んだ後でも、まだ契約前なら申込自体を取り消しすることができます。

契約前とは、運転免許証などの本人確認書類をローン会社側に提出する前までのことです。

本人確認書類を提出していなければまだ契約までは至っていないので、カードローン会社に連絡してキャンセルの意思を伝えることで契約まで進まず途中で辞退(中断)することができます。

契約は、申込む側と申し込まれる側でお互いの意思があっていなければできません。
カードローン会社側も、契約しないといっている相手に契約しないといけないとは言えません。

仮審査の結果などの連絡を無視したりせず、辞退の理由を伝えることでキャンセル可能です。

カードローンの契約後のキャンセル

契約の同意を示したあとでは、キャンセルではなく解約をすることになります。

業者側(銀行・消費者金融など)もキャンセルさせないようにしているわけではなく、タイミングによってはデータの処理や発行手続きなど途中でやめられないこともあるようです。

契約が成立した時点で、まだお金を借りていない場合でもキャンセルではなく解約(退会)になります。

解約もローン会社に連絡をすれば、手続きの仕方を教えてもらえます。

カードローンをキャンセルした時の信用情報への影響

申込み後、契約までしなかった場合は信用情報に申込履歴または照会履歴が記載されます。

カードローンに申し込むと、仮審査が始まります。
仮審査では個人信用情報機関に申込者の信用情報を照会(カードローン会社が個人情報を確認)したという履歴が残ります。

全国銀行個人信用情報センターでは照会履歴として個人信用情報を照会した履歴が登録されますが、消費者金融やクレジットカードの個人信用情報機関であるCICとJICCには申込情報が記載されます。

なぜ照会しかたの理由は残らないため、申し込み履歴はあるものの契約したという情報の記載がない場ので審査に通らなかったのかもしれないと判断される可能性もあります。

1度の申込み履歴だけが審査基準を左右するわけではありませんし、異動情報として記載されるわけではないので、延滞情報などの事故情報ほど不利になることはありませんが、次の審査時に不審に思われないとも限りません。

カードローン会社の自社情報として、キャンセルしたという情報が残ってしまいます。

キャンセルできるものの、安易な申し込みは控えたほうがいいでしょう。

キャンセルしたカードローンに再度申込む場合

自社にキャンセルした履歴が残っていることや、信用情報でも契約まで至らなかったことがわかるため、心象が悪くなっているかもしれません。

審査に通らないことはないかもしれませんが、できるなら別会社に申込んだほうが無難です。

カードローンの複数申込みはNG

審査が通るか心配なので、とりあえず複数の金融機関に申込んで、審査に通ったところから借りようというのはお勧めできません

カードローンの申し込みをすると、個人情報に登録され、信用情報機関によって他社と共有しています。

複数の申込みをしていることは、信用情報の照会時に審査側でわかるため、短期間に多くの申込みをしていることでかなりお金に困窮している、別のところで審査に通らなかった、などと判断されてしまうことがあります。

複数の申し込みによって、申込者の信用度が下がってしまうことを『申し込みブラック』と言い、審査に通らない要因の1つとなってしまいます。

審査に通るか不安ならお試し診断を利用する

カードローンのお借入れ診断を利用してみましょう。
カードローン会社の公式ホームページには、借りられるかどうかを自動で判断する『お借入れ診断』があります。

登録なしの無料で、3~4つの項目を入力すれば、借りられるかどうかの判断結果が表示されます。

カードローンのお借入れ診断については、こちらのページでも詳しく紹介しています。
check_link主婦・専業主婦のカードローン複数利用は何社まで?同時申し込みは可能?

カードローンは契約後に借入れしなくてもいい

カードローンは契約したら、お金を借りなければいけないということはありません

クレジットカードなどはまだまだ年間手数料が必要なところもありますが、カードローンは年会費や年間手数料などのコストは一切かかりません。

申込み・契約後に1度も借入れをしなくても、特に問題はないので、解約せずに持っておくという手も。
もしかして近々借りるかも?という場合は、カードローンの契約までを済ませ、必要になるまで借りないということも可能です。

カードローンの契約だけについては、こちらのページでも詳しく紹介しています。
check_linkカードローンは契約だけでもOK?作るだけで借りないとどうなるの?

1つ気を付けたいのが、無利息期間。
契約だけして借りない場合は、せっかくの無利息期間を無駄にしてしまうことになってしまいます。

カードローンの無利息期間については、こちらのページでも詳しく紹介しています。
check_link無利息期間カードローンを解説!いくら得する?注意点は?

半年間の利用によっては解約のところも

一部のカードローンでは、審査に通ってから半年間利用がないと、利用ができなくなるカードローンがあります。

審査時に申込んだ時の経済状況と現在の状況などを総合的に判断しているからです。
半年間もあれば、申込者本人の状況が変わっていてもおかしくはありません。

そのため半年間利用がなければ、再審査になる可能性があります。
まずはカードローン会社に問い合わせて、利用できるかの確認が必要になります。

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ