主婦・専業主婦がカードローン審査落ちする理由

審査に落ちた女性
専業主婦が借りられると宣伝している銀行カードローンでも残念ながら審査に落ちてしまうこともあります。

どの金融機関も審査基準を明確にしておらず、審査落ちの理由も教えてはもらえません
次回申し込みの際に都合の悪いところを隠されてしまうと正しく審査出来ないからです。

しかし原因の予測はつきます。
専業主婦が審査に落ちる理由として考えられることをあげてみましょう。

申し込みに不備がある

審査落ちを防ぐために、カードローンの申し込み事項につい都合良く事実とは違うことを記入してしまう人がいますが、それはNG。

審査では必ず個人の信用情報を照会(確認)しているため、嘘は必ずバレてしまいます

正直に記入し記入ミスも無いように確認しましょう。

信用情報に金融事故が記載されている

過去の金融履歴に不安がある場合は事前に個人信用情報の開示を行い確認してください。
shinsaniotirugenin

お金の借入に関する情報は、個人信用機関が管理する個人情報にすべて記載されています。

信用情報機関には「全国銀行個人信用情報センター」(銀行キャッシングや銀行と同一視される企業がメイン会員)や、「JICC(日本信用情報機構)」(消費者金融等の会社がメイン会員)、「CIC」(信販会社やクレジットカード会社系がメイン会員)の3つがあります。

信用情報の履歴には滞納や遅延などの事故情報や他社での借入額、利用履歴が記されています。

返済の遅れや滞納がある場合は、審査に通りくくなります。
返済日から2ヶ月以上延滞、もしくは数日の延滞でも3ヶ月続くとブラック入りすると言われています。
支払に遅れると信用情報の入金状況の返済月に遅延のマークがつきます。

過去に自己破産などの債務整理をしている場合、審査に通りません。
延滞が続くと「返済状況(異動発生日)」という欄に「異動」と記載されます。
この異動が記載されるとブラックになったということになります。

自分の信用情報は、各信用情報機関に開示手続きをとることがで確認できます。
内容を確認することで、信用情報が原因で審査に落ちてしまうことがわかるかもしれません。

もし、信用情報に記載されている情報が審査に落ちる可能性がある場合は、一定の期間でが立てば消去されますので、消去後申し込みするようにしましょう。

削除されるまでの掲載期間についてこちらのページでも詳しく紹介しています。
check_link旦那がブラック→主婦・専業主婦のカードローン審査への影響は?

申し込みブラックになっている

短期間に何社にも申し込んでいると、いわゆる申し込みブラックとなります。
かなりお金に困っている印象を与えてしまいます。

申し込んだが契約まで至らな買った場合でも、申込記録、あるいは信用情報機関への紹介記録が信用情報に記録されます。

カードローン利用者の口コミなどから、半年で3社程度までなら申し込みブラックにはならないといわれていますが、審査基準は各ローン会社で違いがあるため、絶対ではありません。

すべての銀行や保証会社は信用情報機関に照会を行いますので、短期間に複数社に申込みを行っていることがわかります

短期間にカードローンに何社も申し込んでいるのは相当お金に困っていると判断されてしまう可能性があり、審査落ちにつながってしまいます。

すでに複数のカードローンから借りている

カードローンの審査では、借入件数も重要視されるため、はじめて申し込んでも、別のローン会社を利用している場合は、審査落ちすることもあります。

これは、借りれば借りるほど返済が苦しくなり、完済できる可能性が低くなってしまうから。

結婚前の事故歴にも注意

銀行のカードローン審査では、申込みの際に旧姓の入力を求められる場合もあります。
個人信用情報を照会するときに旧姓での情報も合わせて確認されるということです。

ブラックリストに旧姓での記録が残っていれば、当然審査通過は厳しくなります。

旧姓の入力がない場合でも、信用情報にある様々なデータから同一人物だと判明するケースもあります。

運転免許証の番号は結婚後も変わりません。
本人確認書類から、旧姓での事故歴が判明することも。

結婚後に姓が変わったからと言って別人扱いになることはありません

カードローンとは無関係の意外なブラックにも注意

携帯電話の分割払いの滞納

スマホ本体の料金を、毎月の通話料と合算して分割で支払っている場合、通話料を滞納・未払いになると、ブラックリストに掲載されます。

毎月のスマホ代は通話料にプラスしてスマホの機種代も入っているため、通話料のみを滞納しているつもりが、商品代(スマホ)も未払い状態となってしまいます。

auの公式HPにも個人信用情報への登録とそれに伴なう影響について記載があります。

割賦販売法の規定により、個別信用購入あっせん契約のお申し込み時および契約後に、ご契約者のお支払い状況等を含む個人信用情報を、経済産業省の指定する信用情報機関に照会・登録します。登録されたご契約者の情報は指定信用情報機関の他の会員により利用される場合がございます。また、支払延滞情報は完済後から5年間は指定信用情報機関に記録が残るため、他のクレジットやローン等のお申し込みが断られる場合がありますのでご注意ください。

(引用:契約 | サポート情報(重要事項説明) | au)

滞納によって信用情報機関に事故情報が記録されることになり、その後5年間にわたり全ての金融機関において新たなローン契約やクレジット契約ができなくなる可能性があります。

奨学金の滞納

独立法人「日本学生支援機構」が学生対象に学費を貸し出しているのがいわゆる奨学金ですが、平成20年からは個人信用情報機関に加盟しており、滞納は事故情報として扱われることになります。

以前までは信用情報機関に加盟していなかったため、奨学金の返済が遅延・滞納しても信用情報に記録されることはありませんでしたが、平成20年からは加盟したために返済状況が記録・保管されることになります。

個人信用情報機関に延滞者として登録されると、その情報を参照した金融機関等がその人を「経済的信用が低い」と判断することがあります。それによって、クレジットカードが発行されなかったり、利用が止められたりすることがあります。そのため、各種料金(公共料金や携帯電話等)の引落し、ショッピング(インターネット含む)やキャッシング等ができなくなる場合があります。
また、自動車ローン及び住宅ローン等の各種ローンが組めなくなる場合があります。
一度登録された情報は、延滞中はもちろんのこと、延滞を解消しても一般のクレジットカードと同様に約束どおり返済している人の情報として登録され続け、返還完了の5年後に削除されます。

(引用:個人信用情報機関への個人情報・個人信用情報の登録)

新規で返還を開始する人も含めて現状としては3ヶ月以上延滞が続いた場合の登録ということで、やや猶予が見られる条件になっていますが、状況はまたいつどのように変わるかわかりませんので注意が必要です。

携帯電話の延滞と同様に、一度ブラックに登録されてしまうと延滞分を支払い終わっても情報だけは5年間残り続けるため、他のローンやクレジットを利用することはできません。

審査落ちを避けるためにできること

一度カードローンの審査に落ちたら、申し込みブラックを避けるために次の申し込みまで半年ほど開けるのがベストです。

その間に、審査落ちした理由を考えましょう。

こちらの各ページが参考になります。

check_linkカードローンで審査が甘いところはあるの?

check_link主婦・専業主婦のカードローン複数利用は何社まで?同時申し込みは可能?

check_link地方銀行のカードローンは審査甘いって本当?

▼▼▼ クリックできます ▼▼▼

主婦でも借りられるカードローン

このページの先頭へ